1stアルバム「Giulietta Machine」配信開始

イーストワークスエンターティンメントの解散により長らく廃盤になっていました、Giulietta Machineの1stアルバム「Giulietta Machine」が、リマスターされてSpotify、Apple Musicなどで配信再開されました。

江藤直子(vo, key)、大津真(g)、藤井信雄(dr)

・Spotify

 ・Apple Music

https://music.apple.com/jp/album/giulietta-machine/1549152922

— ライナーノーツ —

このレコードはなるべく大きな音で再生して下さい」とはロックのレコード・ジャケットにおける慣用句だけど、たまに「なるべく小さな音で再生して下さい」という言葉が似合いそうな風情の音楽にジャンルを問わず出会うことがある。ジョアン・ドナート、クララ・ハスキル、ウォーレン・G、アイレス・イン・ギャザ、ウォルト・ディッカーソン、ロバート・ワイアット、グラッドストン・アンダーソン、ラリー・ハード、ホーギー・カーマイケル、ハロルド・バッド…と挙げていくとキリが無いのだが、要はその静けさを感じさせる佇まい自体が、スピーカーから聴こえてくる旋律とは別のストーリーを物語る美しい音楽。

そして、この<ジュリエッタ・マシーン>というユニットの処女アルバムもまた、「なるべく小さな音で再生して下さい」という言葉とともに人に薦めたくなるような、厳かな存在感を放つ作品だ。サンバ/ボサノヴァの精神性を匂わせながらも、限りなく室内楽に近いジャズであるような気もするし、サンプラーを用いたアヴァン・ポップと呼びたくもなる。 –ウィスパー・ヴォイス、ギターやピアノの抑制された音色、電子ノイズ、サンバや4ビートを刻みそうで刻まないリズム、カメラのシャッターのサンプリング音、特殊な音像定位。たとえばこういったフラグメンツが曖昧に結びつくことで聴く者の官能をひどく刺激する‘装置’として機能するのが、ジュリエッタ・マシーンの音楽だ。

女1と男2という映画的記憶を呼び覚ますメンバー構成もまた、このユニットの一つの味わい。江藤直子、大津真、藤井信雄という3人のメンバーの経歴は別途プロフィールに目を通せばわかってしまうのだが、本作に接するときには一時忘れ、作品の中だけの三角関係を想像し楽しんでみてはどうだろう。それが「突然炎のごとく」なのか「淑女超特急」なのか「ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」なのかはお任せする。ところでユニット名の由来を僕は知らない。「魂のジュリエッタ」でフェリーニの妻でもあるジュリエッタ・マシーナがやたら総天然色な白昼夢を見まくっていたことを思うと、プリンスの曲「エンドルフィン・マシーン」とほぼ同義で、つまりは聴くモルヒネということになるのか。いずれにせよ彼らの透き通ったサウンドは、致死量近い麻酔を含んでいるからこそ、艶やかさが漂っている。そして、その冷やかな感触は部屋の温度まで下げてくれそうだ。夏の昼下がりに何度も再生されることを推奨する。

(今村健一)

Giulietta Machine – Turbo

Giulietta Machine – #9 Turbo(2020 リマスターバージョン)2003年リリースのGiulietta Machineの1st「Giulietta Machine」よりリマスターしたものを少しずつアップしていきます。9曲目は”Turbo”

*すでに廃盤ですが手持ちが少々ありますので、希望の方はメッセージください。

*再発したいというレーベルの方もしいらっしゃいましたらよろしくお願いします

Murder Most Foul - Bob Dylan

2020/3/27突如公開されたボブティランの未発表曲、引き込まれてしまった
ケネディ暗殺をモチーフに、ウルフマンジャック(懐かしい)がオンエアする様々な楽曲、ミュージシャンをコラージュした17分におよぶ渾身の大作。

意訳?もすばらしい
バイオリンの人、クレジットがないのだがハリケーン(1976)を思い起こさせる


曲をかけてくれ Mr.ウルフマン・ジャック
キャディラックに乗ってる俺のために
若死にするのは善人だけ(Only The Good Die Young)をかけてくれ
トム・ドゥーリーが絞首刑にされた地に連れて行ってくれ(Tom Dooley

ギター・スリム Going Down Slow
かけてくれ 俺と マリリン・モンローのため

Cry Me A River をかけてくれ 神々のために
かけてくれ No. 9を No.6 を
リンジーとスティーヴィ・ニックスのために

かけてくれ Please Don’t Let Me Be Misunderstood
かけてくれ ファースト・レディのために 彼女 気分が悪いんだ

心配するな 大統領閣下
助けは向かっている
あなたの兄弟がやってくる
兄弟? どの兄弟だ?
この地獄はなんだ?
俺たちは待っていると告げてくれ
そして捕まえる

https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12585180734.html?fbclid=IwAR2H2RnC8VylI5xO0hpQYasLOMczMifvr1gh2tM0Dzq3FqGwklSM_JjAopg

3/15マンダラ2でのライブの件

3/15 吉祥寺マンダラ2でのライブですが
bikke、近藤、かわいの3人バンドは出演は残念ながら取りやめになりました。この日はGiulietta Machineの単独ライブになります。変更にともない前売り、予約などのキャンセル、お店にて受け付けております

*bikkeさんより
急なお知らせをすみません。
私は病気を持つ方や高齢の方に接する仕事をしており、この状況では京都から東京への移動も避けなければならず、大変無念ですが、3/15マンダラ2のライブを欠席します。このためbikke、近藤、かわいの3人バンドは出演中止になりますが、Giulietta Machineは出演予定です。
2バンドの再共演を楽しみにして下さった方々には本当に申し訳ありません。昨年の病欠に続き、このようなことになりとても残念です。尚、お店ではウィルス対策をして頂いていますが、ご不安な場合のキャンセルも問題なく可能とのことです。変更後のライブ詳細は追ってお知らせいたします。