Playground(日本語では「遊び場」)は、XcodeのSwiftプログラムのためのREPLです。エディタ上のコードをビルドすることなく即座に実行できるので、コードのテストなどに大変便利です。さて、Xcode 7.x以前のPlaygroundではUIのテストなどにXcode付属のユーティリティフレームワークである「XCPlaygroundモジュール」を使用していました。それに対してXcode 8.x(Swift3)ではXCPlaygroundは非推奨(Deprecated)となり、その代替として「PlaygroundSupportモジュール」を使用します。

PlaygroundSupportモジュールの基本的な使い方

次に、PlaygroundSupportモジュールを使用して、アシスタントエディタに、既存のビューを表示するための基本的な手順を示します。

1.PlaygroundSupportモジュールをインポートする
import PlaygroundSupport

2. PlaygroundページのliveVewプロパティに表示するビューのインスタンスを代入する
PlaygroundPageクラスのcurrentタイププロパティで、現在のPlaygroundページが取得できます。そのliveViewプロパティに、目的のビュー(次の例ではmyView)を設定します。

PlaygroundPage.current.liveView = myView

以上で、アシスタントエディタにビューが表示されます。

イメージをliveViewに表示する(MyPlayground1)

実際の例を示しましょう。ここではリソースと保存したPng形式のイメージからUIImageオブジェクトを生成し、それをイメージ表示用のViewであるUIImageViewオブジェクトに登録して、PlaygroundのliveViewプロパティに設定してみましょう。

1. 表示するイメージファイルを「Resources」フォルダに登録します
「Project Navigator」を表示し、Finderからイメージファイルをドラッグ&ドロップで「Resource」フォルダに保存します。

2. アシスタントエディタの「Timeline」→「Playgroundファイル名(Timeline)」を表示します。

3. Playgroundのエディタにコードを記述します。
次にリストを示します。
<リスト>MyPlayground1.playground

import UIKit
import PlaygroundSupport

// myfish.pngからイメージオブジェクトを生成
var myImg = UIImage(named: "myFish")

// UIImageViewを生成
var imgView = UIImageView(image: myImg)

// liveViewにimgViewを登録
PlaygroundPage.current.liveView = imgView

4. 以上で、アシスタントエディタにイメージが表示されます。